斎場の選び方

葬儀場と火葬場の違い

葬儀場と火葬場の違いの写真

品川区の葬儀・家族葬なら安くて華やかな葬儀で評判の葬儀社グランドセレモニーがオススメ。
https://www.grandsougi.co.jp/index_shinagawa-ku.html

葬儀場という言葉の本来の意味は、儀式や葬儀を行う場所でしたが、最近では一般的に葬儀を行う場所を指すようになりました。日本では、宗教や宗派によって違いはありますが、一般的に「葬儀」というと、通夜、告別式、火葬などの一連の儀式を指します。一方、「火葬場」とは、葬儀の儀式の一環である火葬を行う場所を指します。火葬場が全ての葬儀を行うことができるかどうかを知りたい場合は、施設やサービスの充実度によって制限があります。しかし、「公営の葬儀場」の中には、火葬場と告別式を一緒に行うことができる部屋があったり、最後の告別式を火葬場で行うことができる部屋があったり(簡易的な告別式として)するところもあります。

火葬場はその名の通り、故人を火葬する場所です。まれに「葬儀場」と「火葬場」という言葉が同義語として使われることもあります。実際には、葬儀場が併設されている火葬場も多く存在しています。実際、火葬場と葬儀場が併設されている火葬場や葬儀場が多いことから、火葬場と葬儀場が同じものと考えられるようになったのですが、火葬場と葬儀場が同義語として使われることもあります。実際、火葬場には斎場が併設されていることが多いです。斎場とは、元々は祭祀や儀式を行う場所を意味しています。また、火葬場によっては、火葬のみを行う直葬も行っているところもあります。そのため、火葬場を葬儀場と呼ぶのは間違いではないかもしれません。