斎場の選び方

公営葬儀社と民間葬儀社の違い

公営葬儀社と民間葬儀社の違いの写真

品川区の葬儀・家族葬なら安くて華やかな葬儀で評判の葬儀社グランドセレモニーがオススメ。
https://www.grandsougi.co.jp/index_shinagawa-ku.html

公営の葬儀場とは?

公営の葬儀場は、多くの自治体が運営・管理していることが多く、故人や利用者(祭祀を主宰する人)の登録住所が定められた範囲内であれば、民間の葬儀場に比べて安価に利用することができます。一方で、併設されている葬儀場の数が少ないことや、営業時間が短いことなどから、民間の葬儀場に比べて機能的に劣ると感じるかもしれません。公営の葬儀場は、自治体や協会が運営しています。公営の葬儀場の特徴としては、費用が比較的リーズナブルで、葬儀場を運営している自治体の住民は料金や日程などで優遇されることがあります。メリットが多いように聞こえるかもしれませんが、デメリットもあります。近年では葬儀の多様化が進んでおり、無宗教の葬儀を選択する人もいます。しかし、公営の葬儀場によっては、無宗教の葬儀はできず、一般的な葬儀しかできないところもあります。公営の葬儀場が市区町村が運営している場合、市区町村以外に住んでいる人は費用が高くなったり、最悪の場合は葬儀場が利用できないこともあります。また、公営の葬儀場の中には、立地が悪く、アクセスが悪いところもあります。

民営の葬儀場

これらの施設は民間企業が運営・管理しており、基本的には誰でも同じ条件で利用することができます。しかし、公営の葬儀場に比べて費用が高くなります。しかし、バリアフリー構造であること、最寄り駅から近いこと、時間帯に合わせて運営できること、多くの葬儀場が併設されていること、夜間の利用が可能であることなどから、公営の葬儀場よりも機能的で利便性が高いといえます。公営の葬儀場は自治体が運営していますが、民間の葬儀場は企業や宗教団体が運営しています。様々な葬儀に利用することができ、比較的立地条件の良いところにあります。デメリットとしては、公営の葬儀社に比べて費用が高くなることです。また、葬儀社に完全葬を依頼した場合は、その葬儀社が所有する葬儀社しか利用できません。宗教団体が運営する葬儀場の場合は、宗教や宗派が決まっているので、他の宗教や宗派の葬儀はできません。